年収100万円で節約セレブ

年収100万円で節約しながらセレブ気分で生活する方法について紹介していきます。お金をかけなくても豊かに楽しくキラキラ輝いて暮らす方法について書いています。

お風呂の鏡のウロコ状の白い汚れの取り方

お風呂の鏡にウロコ状の白い汚れが付いていませんか?
この汚れ、なかなか頑固で、普通に掃除しただけではなかなか取れないですよね。

この汚れの取り方を紹介します。

テレビなどでよく紹介されている重曹や歯磨き粉でこするというものもやってみましたが、軽い汚れだと取れますが、頑固なうろこ状の白い汚れはビクともしません。

私が試して1番効果があったのは、お酢ダイソーやセリアなどで売っている鏡の汚れ取り用のスポンジです。

市販されている鏡のウロコ状の汚れ取り用のスポンジでこするだけで取れるんじゃない?

って、思いますよね?
私もそう思いました。

でも、このスポンジでこするというものも、軽い汚れは取れますが、頑固な鏡の白い汚れは取れませんでした。

まず、この鏡につく白いウロコ状の汚れの正体について説明します。


白いウロコ状の汚れの原因

いつもシャワーをかけて、綺麗に掃除しているのになぜかついてしまう白いウロコ状の汚れ。

その原因は水道水の中には、カルシウムやケイ素、マグネシウム等のミネラル成分が含まれています。

鏡についた水滴が乾燥するとそのミネラル成分だけが残り、結晶になってこびりつきます。

これがウロコ状の汚れ、水垢の正体です。

実は鏡に付着する汚れは、ウロコ状の水垢だけではありません。

シャンプーなどの洗剤カスが鏡に飛び散ったまま乾燥すると、その脂肪酸成分が水道水の成分と結合し、「石鹸カス」に変化。

この石鹸カスも、鏡の汚れの一つです。

ウロコ状の白い汚れの取り方

ウロコ状の汚れ(水垢)や石鹸カスの元になっている水道水のミネラル成分は、アルカリ性

酸性のもので中和させることにより、落としやすくなるんです。



お家にある食用の「酢」を使って水垢を落とす方法をご紹介します。

酢と水をスプレーボトルに入れ、よく混ぜます。

水垢が気になる場所に酢水をスプレーし、上からキッチンペーパーなどを貼り付けて酢水が流れないようにします。

その上からラップで覆い、汚れの度合いによって軽い汚れなら30分、ひどい汚れの場合は半日~一晩そのまま放置します。

覆ったキッチンペーパーやラップで汚れをこすり、水で洗い流します。

汚れが落ちたあとは、乾いたふきんなどでしっかりから拭きをしてください。

頑固な白いウロコ状の汚れの取り方

「酢」を鏡に吹き付けて、汚れを取る方法でも取れない頑固な水垢の汚れはどうしたらよいか?

セリアやダイソーなどの100円均一で売っている「ダイヤモンドウロコ取り」という商品を買います。



「酢」を鏡に吹き付けて、時間をおいて汚れを浮かしておいた後に、この「ダイヤモンドウロコ取り」で鏡をこすります。

すると、あんなに頑固だった白いウロコ状の汚れが魔法にかかった方にスルスル落ちます。

まとめ

まずは「酢」で汚れを浮かしておいてから、「ダイヤモンドウロコ取り」でこするということ。

頑固な汚れには、「酢」を吹きかけてから、少し長めの時間をおいて汚れを浮かしてください。

最後に、せっかく綺麗な鏡になったので、汚れがつきにくくするように、こまめに水滴を取るようにしましょう。

こまめに水滴を取るだけでも、ウロコ状の汚れはつきにくくなりますよ。




人気ブログランキング



掃除・片付けランキング