年収100万円で節約セレブ

年収100万円で節約しながらセレブ気分で生活する方法について紹介していきます。お金をかけなくても豊かに楽しくキラキラ輝いて暮らす方法について書いています。

はじめての飛行機!機内にペットボトル持ち込みできるのか?

飛行機の国内線にペットボトルの持ち込みはできるのか?

アメリカで起きた飛行機のテロ以来、ペットボトルなどの持ち込みは厳しく規制されたような記憶がある。

実際、飛行機に乗るときに、ペットボトルなどの持ち込みができるのか?

友達などに聞いても、100mlまでしかダメとか、持ち込みできないっていう人もいたりでハッキリしません。

ということで、調べてみました。

実際、はじめて飛行機で北海道に旅行に行った経験をもとに、分かりやすくご紹介します。

まず、飛行機内へのペットボトルの持ち込みについては、国内線と国際線では制限が異なります。

簡単にいうと、国内線はほぼ持ち込みOKです。
国際線は国内線に比べて、規制がかかっていますので、注意が必要です。

ここでは、主に国内線についてお話しします。

国内線と国際線のペットボトル持ち込み制限の違い

国内線のペットボトル機内持ち込み

国内線では、ノンアルコールの飲み物であれば、制限はなく機内に持ち込み可能です。

ワイン、焼酎などアルコールが入ったペットボトルは5リットル以上の持ち込みは出来ません。

また、アルコール度数が70度以上の液体は機内に持ち込みできません。

アルコールの機内持ち込みの制限している理由は、機内の発火や引火の原因になるためです。

国際線のペットボトル機内持ち込み

国際線は国内線より厳しく、容器1つにつき100ml以下になるようにし、小分けしたものを1リットル以下のジッパー付きの透明ビニール袋に入れた状態で1人1袋まで機内に持ち込みOKです。

保安検査場ではどうする?

飛行機の機内に持ち込みできるか?というのは、保安検査場を通過するときにチェックされます。

保安検査場というのは、飛行機に乗るときに空港内で手荷物検査を行う場所のことです。

ペットボトルは未開封のものでも、開封済みのものでも同様に検査が行われます。

開封のペットボトルの方が、X線に通すだけで検査は終わります。

開封済みのペットボトルは検査員が、X線の他に専用の検査機にとおしたり、蓋を開けて匂いを嗅いだりするので、時間がかかります。

この手荷物検査で問題がなければ、飛行機の機内に持ち込みできます。

保安検査場をスムーズに終わらせる方法

ペットボトルは事前にバックから取り出しておきます。

ペットボトルは個別に検査する場合があるため、バックから取り出しておいた方が、検査がスムーズに終わります。

そして、未開封のものの方が検査が早く終わるため、開封済みのペットボトルより未開封のものを持ち込むことをオススメします。

保安検査場での検査が不安という方には

保安検査場での検査が終わった後、搭乗を待っているところでも、飲み物や食べ物を買うことができます。

保安検査場を通過後に購入したペットボトルの持ち込みは検査はされず、規制もないため、全て持ち込み可能です。

まとめ

国内線は、ペットボトルの機内への持ち込みはできます。
アルコールの持ち込みは規制があるため、注意が必要です。

国際線はペットボトルの持ち込みの規制はあるため、事前に調べておきましょう。

不安な方は、保安検査場を通過してからペットボトルを購入しましょう。

これが、私がはじめて飛行機で北海道に行った体験談と調べたことです。

参考になさって、飛行機の旅行を楽しんでくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
こちらをクリックしていただけると、励みになります。⬇︎


日帰り旅行ランキング