年収100万円で節約セレブ

年収100万円で節約しながらセレブ気分で生活する方法について紹介していきます。お金をかけなくても豊かに楽しくキラキラ輝いて暮らす方法について書いています。

消費税増税の軽減税率とは?トクする方法は?

2019年10月に予定されている消費税の増税

現在の消費税が8%ですが、これが2019年10月に10%になるというものです。

政府の消費税の増税による消費の落ち込みの対策として、消費税増税の軽減税率と、キャッシュレス決済によるポイント還元を予定しています。

キャッシュレス決済によるポイント還元については、消費税増税でも増税分節約できる!増税分を還元できるキャッシュレス決済 - 年収100万円で節約セレブで紹介していますので、こちらもお読みください。

軽減税率について

消費税の増税によって、弱者を守るというような定義のもと、軽減税率が適用されます。

軽減税率とは、人の飲食料品と新聞は消費税を8%のまま据え置くというものです。

飲食料品については、酒類、外食を除くこと。

新聞については、週2回以上発行される新聞つまり、定期購読契約に基づくもの。

その中でも特に「外食」については食べる場所などによって定義が細かく分類されていますので注意が必要です。

ここからは、どのような場合が軽減税率の対象となるのか?

また、消費税が軽減税率の8%で購入できるおトクな方法についてご紹介します。


外食の定義とは?

消費税の軽減税率では、外食やケータリングは軽減税率の対象外(消費税10%)となるため、注意が必要です。

この事を考えると、外食の定義に当てはまらないようにすることが、消費税の軽減税率の適用を受けるためのポイントになります。

最大のポイントは、消費者が購入する時点で、消費税の軽減税率の対象か対象外かが決まるということです。

簡単に言うと、私たち消費者がお金を出して食べ物を買う時点、つまり、レジでお店の人にお金を払う時点で決まるのです。

この事を踏まえて、おトクになる方法をご紹介します。

コンビニで軽減税率で適用するには

最近のコンビニは、店内飲食コーナーが設けられているところが多くなりました。

コンビニで売っている飲食料品をレジで買う時に、「店内で飲食します」と言ってしまうと、消費税は軽減税率の対象外の外食にあたり、消費税10%が適用されます。

この時、レジで購入する時点で、「持って帰ります」と言ってお金を払います。
そうすると、テイクアウトもしくは飲食料品の購入になるので、消費税の軽減税率8%の対象となります。

その後、やっぱり気が変わって、店の中で食べたり飲んだりした。

この場合は、消費税分の2%追加でいただきますとはならないのです。

ファーストフード店で軽減税率を適用するには


トレイに載せて座席まで運ばれ、返却の必要がある食器に盛られた食品は、外食になり、消費税は軽減税率の対象外となり10%です。

と言うことは、
店員さんが「店内でお召し上がりですか?それともお持ち帰りですか?」と言われた時点で、
「お持ち帰りです」と言いましょう。
テイクアウトは消費税の軽減税率の対象なので8%のままです。

そして、その後、気が変わり、店舗内で、お持ち帰り用として購入した飲食品を食べたとしても、軽減税率対象のため、消費税は8%です。

屋台で軽減税率を適用するには

屋台では椅子やテーブルの設備がなければ、消費税の軽減税率の対象となり、消費税は8%のままです。

つまり、屋台のおでんやラーメン屋などは基本的に外食になりますので、消費税は10%です。

イベントなどの屋台で、焼き鳥や串焼きなどを歩きながら食べるように買うものは消費税の軽減税率の対象となるため、消費税8%のままです。

フードコートで軽減税率を適用するには

フードコートでは、基本的にトレイに配膳されたものを食べて、トレイなどを返却します。
そして、テーブルや椅子のある店内で食べる目的のため、外食にあたります。

フードコートでの飲食は、消費税の軽減税率対象外となり、消費税は10%です。

そこで、消費税の軽減税率の8%のまま、フードコートで飲食する裏技をご紹介します。

ショッピングモールなどであれば、フードコートで購入するのではなく、テイクアウト専門のお店やスーパーで飲食料品を購入します。

この際、テイクアウト専門店やスーパーは基本的に持ち帰りを前提としていますので、消費税の軽減税率の対象となり、消費税は8%のままです。

この商品を持ち帰るつもりで買ったけど、たまたまフードコートにテーブルと椅子があったから、ひと休みするつもりで座って、たまたま買ったものを食べるということであれば、消費税は8%のままです。



蕎麦屋やピザ屋で軽減税率を適用するには

蕎麦やピザは出前や宅配というものがあります。
この場合、出前や宅配は消費税の軽減税率対象となるため、消費税は8%のままです。

蕎麦屋やピザ屋で、店内で飲食する場合は消費税の軽減税率の対象外となるため、消費税は10%になります。

消費税の軽減税率の対象となるものの注意点

消費税の軽減税率の対象になるものとして、人の飲食料品というところもポイントになります。

犬や猫のエサは人の飲食料品ではないため、消費税の軽減税率の対象外です。

例えば、他にも

水道水は消費税の軽減税率対象外のため、消費税は10%です。
ミネラルウォーターは飲食料品のため、消費税の軽減税率対象となり、8%です。

重曹については、食用と書いてあれば人の飲食料品にあたるため、消費税は8%です。
掃除用のものは軽減税率対象外のため、消費税は10%です。

この他にも、栄養ドリンクや医薬部外品なども消費税は10%のため、ドリンクを買うときも注意が必要です。


まとめ

消費税の増税による軽減税率の対象になる場合と対象外になる場合の根本的な考え方は、私たち消費者がお店から飲食料品を購入し、お店側にお金を払う時に決まります。

つまり、買うときの消費者の意思次第なのです。

飲食料品を軽減税率の消費税8%で購入した後、テイクアウト用の飲食料品をどこで食べようがいいんです。

そして、人の飲食料品という点。

この2つの注意点を気をつけていれば、消費税の増税も怖くありません。

2%って、少しじゃない?と感じるかもしれませんが、チリも積もればです。

払わなくていいものにお金を払うって、損してる気がしませんか?
おトクに節約して、貯まったお金でセレブな生活しませんか〜。

最後まで読んでいただきありがとうございます。よかったら、こちらをクリックしてください。⬇︎


人気ブログランキング