年収100万円で節約セレブ

年収100万円で節約しながらセレブ気分で生活する方法について紹介していきます。お金をかけなくても豊かに楽しくキラキラ輝いて暮らす方法について書いています。

連休明け注意!だるい!眠い!やる気がない!それって5月病かも?5月病の対処法教えます。

誰でもなる可能性がある5月病。

今年は特に長い連休ということもあり、通常の連休の時より、注意が必要です。

5月病って?

5月の連休後に、学校や会社に行きたくないなぁ。

なんとなく体調が悪いなぁ。

授業や仕事に集中できないなどの状態を「5月病」と言います。

やる気が出ない、食欲が落ちる、眠れなくなるなど、なんとなくダルいなぁという症状を言います。

誰にでも少しは連休明けは、こういう症状はありますが、初期症状のうちに回復しないと、徐々に体調が悪くなり、欠席や欠勤が続くことがあります。

まずは原因について考えましょう。

5月病の原因

5月病は、主にストレスが原因で起こるといわれています。

誰でもかかる可能性のある病気です。

進学や就職、転居などで新しい環境に変わる人が多い新年度は、特にストレスが溜まりやすい時期ですよね。

5月病は病院などで使われる正式な病名でないですが、一般的に連休明けの適応障害うつ病、パーソナリティー障害、発達障害パニック障害不眠症といったような症状を5月病と言っています。

精神的なものがほとんどだということです。

受験や就職などの大きな目標を達成したことで、燃え尽き症候群のような状態に陥っている人や、環境が大きく変わったことで周りにうまくなじめないという人は、ストレスを溜め込みやすいので注意です。

頑張った人、几帳面で真面目な人、責任感が強い人がかかりやすいんですね。

人に弱いところを見せれない人や頼りにされるタイプの人は要注意ですよ。

5月病を予防する方法

なんといっても、ストレスを溜めないことがいちばんです。

といっても、ストレスって溜めないつもりでも、溜まりますよね。

私がオススメするのは、ストレスを溜めないというよりは、ストレスを軽減するのが一番じゃないかと思います。

例えば、好きなことをしたり、好きなものを食べたり。

また、運動や規則正しい生活、適度な睡眠を心がける。

仲の良い友達に悩みを打ち明けたりすることも良いと思います。

そして、働く女性は、面倒な家事を代行してもらい頑張っている自分にご褒美をあげて、その時間をリラックス出来るジムやヨガなどにあてても良いと思います。



規則正しい生活

連休中、夜更かししたり、一日中ゴロゴロ寝ていたりするのではなく、できる限り、いつもと同じような生活をするように心掛ける。

とはいうものの、せっかくの連休なので、ゆっくりしたいですよね。

そんな方には、連休の後半だけでも、いつもと同じ時間に起きて、いつもと同じ時間に寝る事をオススメします。

いつもと同じ時間といっても、30分から1時間くらいのズレは大丈夫ですよ。

無理する事なく、だいたいいつもの生活スタイルと同じようにするという事でいいと思います。

特に朝、カーテンを開けて太陽の光を浴びるというのが良いようです。



5月病にならないための食べ物

5月病はストレスからかかると言われています。

ストレスを軽減するには、セロトニンを摂取すると良いと言われています。

セロトニンとは神経伝達物質のことで、精神を安定させる作用を持っているようです。

セロトニンが不足すると気分が落ち込んだり、不眠になるなどして、うつ病等につながるともいわれています。

このセロトニンを摂取するには、このような食べ物が良いと言われていますので、参考にしてみてください。

トリプトファン:肉や魚、大豆製品、牛乳などの良質なタンパク質をたくさん含むもの。

■ビタミンB6:青魚、鶏肉、バナナ、さつまいも、パプリカ、かぼちゃ、アボカド、ナッツなど。

■炭水化物:ご飯やパンなどの炭水化物をたくさん含むもの。
特に玄米ご飯や雑穀入りご飯、ライ麦パン、全粒粉パン。

そして、朝ごはんは必ず食べましょう。
1日の始まりを脳に伝える大切な役目になると思います。

また、友人と楽しく食事をする事も、ストレスを軽減するには良い事だと思いますよ。


軽い運動をする

食べ物のところでも書きましたが、「セロトニン」は脳内の神経伝達物質のひとつです。

他の伝達物質であるドパミンなどをコントロールし、精神を安定させる働きがあります。

不安障害や入眠・覚醒を調整する能力もコントロールしていると考えられています。

このセロトニンを増やすには、ウォーキングなどの軽い運動が最適です。

景色を見ながら、近所を歩くだけでも気分転換になりますよ。

そして、もう少し余裕があれば、ヨガやジム、プールなどに通って同じ目的の仲間と友達になってコミュニケーションを取るのも良いことだと思います。

適度な睡眠

5月病にかかると、夜眠れなくなったり、なかなか眠りにつけない、寝たんだけど朝起きると寝た気がしないような頭の重い感じがする。
こんな事になりますよね。

そんな時にオススメするのが、朝、起きた時に朝陽を浴びる事。

これで、体内時計がリセットされます。

そして、寝る前の行動がカギになります。
寝る前にスマホを見ていませんか?
これは、交感神経が活発になり、脳が眠ろうという認識をしなくなります。

寝る前は副交感神経を活発にして、眠る体制を整えましょう。




そのためにはどうしたらいいのか?

私がオススメするのが、好きな香りのアロマオイルを焚くという事です。

アロマオイル

アロマオイルのリラックス効果については、調べてみると、こんな事が書かれていました。

鼻から吸収されたアロマの芳香成分は電気信号へと変化し、脳の大脳辺縁系視床下部、下垂体などの器官へ伝達されます。

視床下部は、自律神経やホルモンのバランスを司る非常に重要な器官です。

アロマの香りが視床下部に直接働きかけることで、自律神経のバランスが整い副交感神経が優位になります。

それによって身体の緊張がほぐれ、気持ちが落ち着き、心身ともにリラックスできるのです。




睡眠に効果のあるアロマオイル

睡眠に効果的なアロマオイルは、ラベンダー、ベルガモット、ゆず、ネロリ、サンダルウッドです。

私はラベンダーが一番好きです。

ただ、これにこだわる事なく、最初は好きな香りを嗅いでリラックスするという事でもいいと思います。

アロマオイルの焚き方ですが、私はお肌や髪の毛の為にも加湿をしたいので、アロマデュフューザーを使用しています。

このアロマデュフューザーでアロマオイルを焚くと、部屋中がいい匂いがして、芳香剤の代わりにもなります。

また、アロマデュフューザーで蒸気とともにアロマオイルを噴射しますので、加湿器の代わりにもなります。

朝起きた時、お肌はしっとり、髪の毛もしっとり保湿できて若返りますよ。

朝起きて、鏡の中の自分を見るのが楽しみにりますよね。


アロマデュフューザーがない場合でも、水で少し薄めたアロマオイルをスプレー容器に入れて、枕や布団、カーテンなどに少し吹きかけるだけでも良いと思いますよ。




目を温める

目を温めるとリラックス効果があり、目の疲れが取れるのはもちろんですが、副交感神経が優位になり、よく眠れるんです。

目を温める効果については、私のブログ
目の疲れは目を温めろ!あずきのチカラが気持ちよすぎる! - 年収100万円で節約セレブ
を読んでみてくださいね。

まとめ

5月病は誰でもかかる病気です。

そして、今年は特に10連休という長期休暇の後、誰でもが仕事や学校に行きたくないなぁと思います。

休暇モードのまま、体内時計も狂っています。

ダルい、やる気が出ない。
なにもかも悲観的になる。

そんな5月病にならないために、 今から対策しておきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
もし気に入っていただけたら、こちらのクリックをお願いします。
⬇︎

全般ランキング