年収100万円で節約セレブ

年収100万円で節約しながらセレブ気分で生活する方法について紹介していきます。お金をかけなくても豊かに楽しくキラキラ輝いて暮らす方法について書いています。

GW直前!!10連休どう過ごす?お金をかけず楽しむ方法!絶景槍見館で日帰り温泉

史上初、10連休!!
どう過ごす?
時間はあるけど、お金がない。
そんな時、どうする?

旅行も行きたいけど、例年の何倍もする宿泊施設代金やツアー料金。

しかも、GW、10連休直前に施設も満室、ツアーも予約ができない状態ですよね。

そこで、節約セレブの私がお金をかけずに10連休を楽しむ方法をご紹介します。

日帰り温泉

日帰り温泉は、全国たくさんあります。

旅館などでも、宿泊のお客様だけではなく、日帰り入浴もやっているところも多いんです。

旅行に行って宿泊するのは、お金がかかる。
宿泊プランが取れなかったという方にはおススメです。

宿泊すると1泊4万円程する旅館でも、日帰り入浴は、だいたい1000円程度の料金設定になっています。

お金をかけずに、日頃の疲れがとれて、リラックスでき、最高でしたよ。

そこで、日帰り入浴できる温泉旅館をご紹介します。




槍見館

槍見館は、名前の通り槍ヶ岳が露天風呂から見える絶景スポットの旅館です。

場所は岐阜県にある奥飛騨温泉郷にあります。

東海北陸道、飛騨清見JTC経由で中部循環道高山ICからR41→158→471で約80分。

長野道、松本ICからR158、安房トンネル経由でR471で約90分。

名古屋からは所要時間3時間ほど。
東京からは3時間半くらいで着きます。

10連休でも、それほど渋滞する道ではないので、疲れないと思いますよ。

口コミが4.3という旅館だけあって、非日常感がハンパない素晴らしい温泉でした。

槍見館は、古民家を移築した風情ある建物で、タイムスリップしたような感覚になります。

現代社会では経験出来ないような体験が出来ますよ。

まず、玄関を入るとこんな感じです。

入ってすぐのところに、受付がありますので、日帰り温泉で入浴したいと旅館の人に言います。

料金は大人500円、子供300円です。
バスタオルが必要な方は、事前に家から持っていくか、200円で貸しバスタオルがありますよ。

宿泊は1人38800円ですが、日帰り温泉では500円という安さです。

セレブ気分が500円で味わえるオトクですよね。

日帰り温泉の入浴時間は10時から14時までです。

この写真の受付の前にある、水が出ている桶のようなところには、風呂上がりには飲みたいコーヒー牛乳などが、冷やされています。

となりのザルにはトマトやきゅうりが、流水で冷やしてあったりしますよ。
写真には写っていませんが、帰るときにはトマトやきゅうりがありました。

受付を進むと、囲炉裏があります。

ここで、江戸時代にタイムスリップしたかのように、昔ながらの方法で手をかけてお茶を入れてくれます。

ここで、お茶とお菓子をいただき、階段を降りて露天風呂へ。

合計8種類の温泉風呂がありますが、日帰り温泉は4種類の温泉に入ることができます。

泉質は単純温泉、炭酸水素塩泉です。

無色透明で匂いもほとんどしません。
温泉独特な匂いが苦手な人でも安心ですよ。
サラッとした泉質なので、子供さんも楽しめると思いますよ。

混浴露天風呂「まんてんの湯」「槍見の湯」

すぐ隣に浅瀬の川が流れていて、目の前には北アルプス槍ヶ岳が見える絶景スポットです。

混浴ですが、バスタオル着用なので女性も安心ですよ。

皆さん、男性も女性もバスタオルを着用して入っていました。

ただ脱衣所が男女兼用なので、女性は女性用露天風呂の脱衣所を使用する。
または、大浴場の脱衣所を使用することをオススメします。

脱衣所で服を脱いでから、バスタオルを巻いて、混浴露天風呂「まんてんの湯」や「槍見の湯」へ行きましょう。

女性用露天風呂「岩見の湯」

こちらも川のせせらぎをBGMに槍ヶ岳を見ながら、のんびり入れる露天風呂です。

すだれがかけてあり、日よけもしてあるため、日焼けを気にすることなく入れますよ。

足湯「なごみの湯」

足湯は、その名の通り足湯です。
冷たいアイスやビール片手に足湯も楽しいですよ。

大浴場

露天風呂には洗い場がないため、この大浴場で体や髪の毛は洗いましょう。

雨が降っていたりしても、この大浴場からも北アルプスの絶景を眺めながら温泉に入ることが出来るため、大浴場だけでも満足できますよ。


貸切露天風呂

温泉の料金にプラス500円で、1時間貸切露天風呂が利用できます。

プライベートでゆっくり温泉を楽しみたい方や、お子様連れの方、カップルにおススメです。

こちらは家族でも、ゆったり入れる広さがあります。

すだれで目隠しされているため、プライベート重視の方には癒しの時間になることでしょう。

最後に

10連休、お金もないのに時間だけある。
そんな方には日帰り温泉おススメです。

タイムスリップしたような非日常で、セレブ気分を味わってみませんか?






人気ブログランキング